本文へスキップ

ヘルスケア分野と異業種との境界領域最適化

サービスと技術Services & Solutions

トップページ > サービスと技術 > ニーズ指向ソフトウェア開発

ニーズ指向のソフトウェア開発

 ニーズがあるときだけ、ソフトウェアを開発しています。
 主に医療系にて現場課題解消のために技術提供しています。
 研究での集計作業の簡便化やヒトの介在を減らした誤入力・改竄の防止、実験のための模擬環境の作成など医学の発展にも貢献しています。
 ICT技術レベルやユーザーインターフェイス完成度は低いかもしれませんが、現場が求める機能や用件は満たしている物が多いと評価頂いています。


製品一覧

AmpiTa 【非常時安否確認支援システム】

 非常時に電子メールを使って安否確認を実施するための補助ツールです。
 汎用の電子メールで安否確認するため、非常時でも冗長性があり、ユーザー側も使い慣れた機能で連絡の確実性が増します。
 AmpiTaは開発者が透析クリニックで『災害時の安否確認どうしよう?』『この400人が一斉に電話をかけてきても、こちらから掛けても非現実的』と思ったところから創りあげた商品ですので、様々なリスクや事象を想定した機能が搭載されています。


PsMak (パスメク) 【パスワード自動生成システム】

 パソコンの添付ファイルなどパスワードロックを義務付けている組織は多くありますが、実行性は低くコンプライアンスが問題となっています。
 PsMakはデスクトップ上で簡単に動作するパスワード自動生成システムで、ワンクリックで生成10ケタのパスワードが生成できます。
 簡単な操作で50ケタでも100ケタでも増やせ、数字+英字+記号など複雑化させることもできます。
 インターネット接続はしないので、情報漏洩リスクも最小化しています。




↓ 広告 ↓

↑ 広告 ↑