本文へスキップ

ヘルスケア分野と異業種との境界領域最適化

設備器材facilities

トップページ > 設備・資源・財産

建築・環境関連

 電気工事業として必要な工具や測定器を備えています。

 電気工事は多能性が求められます。
 例えばエアコン設置であれば壁開孔や下地補強、ドレン配管。インターホン新設なら配管埋設のための穴掘りや外構コンクリートの穴あけ。
 多様なニーズに応じるため、多様な工具類を備えています。





m-BCP関連

 非常事態といえば多種多様です。

 一般的には大震災や暴風雨雪などの自然災害がか、消火訓練などで馴染みがある火災が想像されます。

 どのような非常事態であっても多くの医療機関は医療サービスの提供を止める事ができません。ケガ人が多発する災害では発災後に患者が殺到することもあります。
 どのような非常事態であっても、強くしなやかに乗り越えてみせる医療機関を創り出すために私たちは設備を保有し、実験や検証を繰り返しています。

 また、非常事態は災害以外にもあります。
 どんなときにも最適な対応ができるように、私たちは備えます。

詳細についてはこちらからご確認いただけます(www.ampita.net)




医工連携・ヘルスケアビジネス創成関連

 私たちの医工連携は『課題解決型』です。

 長い歴史があり、何百万人もが関わっているヘルスケア業界において、未だに解決されない課題を相手にするため、知見を得るために様々なアイテムを保有しています。

 3Dプリンタやドローンなど産業界やホビー(趣味)の世界で広がっているアイテムも調達し、自ら触れて理解を深めています。

 また、ヘルスケア産業への新規参入企業様の中には医療や健康といったビジネスがどのようなものかわからない、何から手を付けたら良いかわからないなどのご意見ををいただくため、私たち独自に説明資料も保有しています。

詳細についてはこちらからご確認いただけます(www.24med365.net)




3Dプリンタ関連

 2017年にデュアルヘッド型の3Dプリンタを導入しました。

 身の回りの『困った』を解決するために、自らデザイン〜3D設計を行って造形しています。

 3Dプリンタを使ってよくわかることは、医療現場のニーズは必ずしも100点満点の工業製品を求めておらず、60点くらいの仕上がりの3D造形品でも『満足』はして頂けることです。

 私たちは3D造形品の仕上がりをより良くするために、周辺機器の充実にも努めています。

詳細についてはこちらからご確認いただけます(3dprinter.ampita.net)




人材・組織

 当社の抱える人材、アライアンスを組む人材や組織をご紹介しています。

詳細についてはこちらからご確認いただけます。




↓ 広告 ↓

↑ 広告 ↑