本文へスキップ

ヘルスケア分野と異業種との境界領域最適化

サービスと技術Services & Solutions

トップページ > サービスと技術 > 療養住環境最適化 > 私たちの特徴・稀少性

私たちの特徴と稀少性

シームレス

切れ目なく、継ぎ目なく。

 縫い目や継ぎ目が無く、境界を取り払ったような状態を『シームレス』(seamless)と言いますが、真に私たちはシームレスです。

 第1種電気工事士(経済産業省)として建設現場を実務経験した人材が、臨床工学技士(厚生労働省)として臨床現場を実務経験しています。

 私たちは A or B ではなく、A & B です。2つの専門が協力するのではなく、文字通り一体です。

経験も資格も稀少

 第1種電気工事士の合格率は20%程、臨床工学技士は養成課程を修了して国家試験に合格しなければならない、どちらも稀少性の高い資格です。

 この両方の免許を持ち、かつ両方の実務経験を一人で持っていることが私たちの強みです。

  




建設と医療

建設と医療

臨床業務経験者

 私たちからは助言・相談・調整などのコンサルティングサービスを提供いたします。

 建設業界で働く方々で、病院建築などを経験された方はごまんといると思います。

 しかし医療行為をする医療従事者として働いたことがある方はごく稀な存在ではないでしょうか。

 私たちのサービスは、臨床経験の上に成り立っています。





設備と機器

建設と医療

医療機器と設備

 医療現場には、臨床経験者だらけです。医師・看護師だけでも150万人以上います。

 その多くが日常的にMEと呼ばれる医療機器を操作して臨床業務にあたっています。

 医療機器の安全管理には医療国家資格(厚生労働省免許)の臨床工学技士が携わっています。

 しかし電気や水など設備には医療国家資格がありません。商業施設や工場と同じ扱いで管理されています。

 医療機器と設備は密接な関係にあり、どちらも臨床業務には欠かせないライフラインのようなものです。

 医療機器の専門家と設備の専門家、その両方の実務経験の上に私たちのサービスは成り立っています。





資格・認定・検定

資格・認定・検定

業界認定

 医療機関において、医療機器と設備は別々の部署で管理されています。両方がアウトソーシングされている場合には横のつながりが無いという事すらあります。

 私たちはこの境界こそがリスクであり、最適化の妨げであると考えています。

 そのギャップを埋めるために経験や知識を積むと同時に、資格や認定を取得しています。


   

医療福祉

建設産業

免許

認定検定

医療系

臨床工学技士(厚生労働省)

   

第2種ME技術実力検定(日本生体医工学会)

   

建設系
産業系

第1種電気工事士(経済産業省)

 

第2種電気工事士(経済産業省)

 

高圧ケーブル工事技能認定(日本電気協会)

   

危険物取扱者乙種4類(総務省)

   

第4級アマチュア無線技士(総務省)

   

境界領域

認定ホスピタルエンジニア(日本医療福祉設備協会)

 

福祉住環境コーディネーター2級(東京商工会議所)

 

経済産業省:電気工事士
厚生労働省:臨床工学技士国家試験の施行
電気技術者試験センター:第1種電気工事士試験合格率
ユーキャン:第1種電気工事士合格指導講座






↓ 広告 ↓

↑ 広告 ↑